舟津真里勉強会アーカイブ

勉強会
売り上げ
目的

エステサロン運営に必要なノウハウ

この記事は
美vaceスタッフが舟津真里の勉強会について深掘りをしていきます。
今回は2023/11/30の【売り上げを上げるコツ】についての深掘りです。

1: 深掘りするところ

勉強会では、
まずは【理念や目標】ついてのお話しがありました!
ここは非常に大事ですが、
見過ごされる部分であるので深掘っていきたいと思います。

2: 経営目的

皆さんは、サロンを経営するにあたって目的を持っていますか?
サロンの目的とは経営目的と置き換えることができます。

経営目的は
「企業がその経営行動によって実現したいと望む状態もしくは到達点」
となります。
いきなり到達点と言われても難しいですね、、、

では、少し深掘りしてみていきましょう。

この経営目的は上位の位置する概念です。
その下には経営理念と経営目標があります。
さらに下に経営戦略と経営行動基準があります。
そして、経営計画ときて経営行動です。

3: 経営理念と経営目標


今取り上げている、経営目的は
「経営理念」と「経営目標」から成ります。

経営理念はミッションと言い換えもでき、
根本的な価値観、指導原理で抽象的・包括的なことを示します。

それに対して、
経営目標は具体的な数値目標です。

理念が目標に対しての促進剤や抑止力の役割をしたり、
目標の結果が理念に影響したりと、互いに作用したりします。

株式会社美vaceで説明すると、、、

経営目的
【女性を豊かに】

経営理念
「エステティシャンの成長をサポートすることで、エステティックに関わる全てのステイクホルダーに対して美しく豊かな環境を作り出す。」

経営目標
「年間売り上げ2億円/営業利益率15%」

とまとめることができます。

ここまでやる必要があるかと思いますが、必要性はかなり高いです。

なぜなら、ここがないと戦略や計画も曖昧なものになり、
行動にも移しずらいからです。

4: まとめ

少し硬い感じでお伝えしてきましたが、

簡潔にいうと
皆さんのエステをする目的を定め、
サロンの理念と目標を据えることで、戦略や計画に具体性を持たせます。
目的や理念を考えるときは、
自身の過去の経験や環境などが鍵になることもあります。
なぜエステティシャンになったか、エステが好きになった理由などを
もう一度考えてみましょう。

ぜひ、目的→理念/目標を考えた上で、アーカイブ動画をご覧ください。

勉強会のメインは目標の数字を上げるためのサロン運営のお話です。
メインの内容も別の記事で深掘りしていきたく思います!

アーカイブ動画: